ソフトバンク17日紅白戦は8イニング程度 2日連続中止で決断

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(16日、宮崎・生目の杜運動公園)

 雨に伴うグラウンドのコンディション不良のため2日連続で紅白戦が中止となった。これを受け、17日に8イニング程度で紅白戦を行うことが決まった。今キャンプ初の紅白戦だった13日は5イニングで行われていた。

 16日は午後から雨がやむ予報で当初は実施へ向けて動いていたが、午前11時半に工藤監督が森ヘッドコーチとともにグラウンドのシートに覆われていない外野の状態などを確認。その後、協議した上で中止を決断した。

 スタンドのファンから実施を求める声も飛ぶ中、指揮官は「キャンプで疲れもあるころだし、ケガ人があってもいけない。日曜日なのに(ファンの方に)申し訳ないです」と渋い表情で話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ