松坂が感じた14年ぶりの西武「チーム全体の仲がいい」秋山氏に語る (3ページ目)

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆秋山VS松坂「顔面死球」も

 秋山氏は西武から94年にダイエーへ移籍し、99年に西武入団の松坂とは4シーズン対戦した。通算成績は58打数15安打で打率2割5分9厘、1本塁打。ダイエーが移転後初優勝した99年は9月8日の対戦で顔面に死球を受け頬骨を折るも試合中に病院から球場に戻り、後の試合でフェースガード付きの特注ヘルメットをかぶり出場した。腰痛に苦しんでいた秋山氏は02年8月に40歳で現役引退を表明した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング