松坂のモチベーション「あわよくば勝ちたい」相手は 秋山氏に語る

西日本スポーツ 小畑 大悟

 松坂大輔秋山幸二氏が直撃2

 14年ぶりに古巣復帰した西武の松坂大輔投手(39)が西日本スポーツ評論家の秋山幸二氏(57)に復活に懸ける思いを語った。9月で不惑となる「平成の怪物」は同学年のソフトバンク・和田毅投手との投げ合いを熱望。互いに肩や肘の故障を乗り越えて迎える再戦に思いをはせた。秋山氏は現在の松坂と同じ40歳シーズンに現役引退。黄金時代を知るレオのレジェンドとして松坂に「フレッシュマン」とエールを送った。(構成=小畑大悟、本文敬称略)(全3回の2)

(1からつづく)

       ◇    ◇

 秋山 大輔が戻ってきて、若い人が背中を見ていくのも期待する部分。どういう練習をするのかだったり、時間の使い方だったりすごくプラスになると思うんだよね。そこで一言二言、アドバイスすればすごくいい刺激になると思うよ。

 松坂 昔よりも経験はしてきているので、細かく説明できると思います。野球のことでもトレーニングのことでも肩肘のリハビリのことでもいい。気になることがあれば何でも聞いてきてほしいですね。それぞれコーチやトレーナーもいるので僕が出しゃばることはしたくないので、来てもらった方が…。

 秋山 ちゃんと周りが見えているじゃん。大事なことだよ。

 松坂 来てもらった方が僕としてもやりやすいので。

 秋山 (松坂世代と呼ばれる)大輔の年は球界で和田と?

 松坂 同い年は5人ですね。(阪神の藤川)球児、(いずれも楽天の)渡辺直、久保。高卒でやっているのは僕と球児だけですし、先発は僕と(和田)毅。

 秋山 その中で和田との刺激はすごくある。

 松坂 投げ合いたいと思います。パ・リーグに戻って来られましたし、僕が頑張ればその機会はつくれると思っています。

 秋山 そういうのはすごく大事だもんね。毅にとってもすごくいい。

 松坂 僕にとって一つ大きなモチベーションなので。

 秋山 今年の最大の目標になっちゃうね。

 松坂 なるべく早い段階で実現したいです。自分自身一番楽しみにしていますし、楽しみにしてくれているファンの人たちもいると思う。投げ合いを見せたいし、あわよくば勝ちたい。

 秋山 そういうとこだね。俺も2人で投げ合うところを期待したいな。

-米国に渡る前は何度も投げ合った(ポストシーズンを含め8度)。お互いに肩や肘の故障を乗り越えて再び投げ合うと重みも変わってくるか。

 松坂 お互いに投げられるとき、投げられないときもあった。ちょこちょこ連絡を取り合って、お互いの状況や、こういうリハビリが良かったとか、どこの病院がいいとか話し合いながらここまでやってきたので。実際に投げ合いが実現したら…。でも、なってみないと分かんないですね。今までとは違う、感じたことのない気持ちになるような気はしますね。

 秋山 同じように乗り越えてきた部分もある。

 松坂 そうですね。肘でも苦しみましたし、肩でも苦しんだので。最初は投げ合えることがうれしいというのがまず先には出てくると思います。すぐにバッターと勝負することに切り替えないといけないですけど…。それも一つのモチベーションとして頑張っていきたいですね。

(3につづく)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング