バレンティン紅白戦で併殺崩し「自分のスタイル」初安打から本番走塁

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ紅白戦(17日、宮崎・生目の杜運動公園)

 バレンティンがシーズン本番さながらの走塁を見せた。

 今春2度目の紅白戦に白組の「4番・DH」で出場。4回1死一塁、石川との対戦で放った小フライが三塁内野安打となり、紅白戦4打席目での初安打となった。「スゴイ、キモチイイ」と気を良くすると、続く明石の二ゴロで二塁にスライディング。自身は二塁封殺も、打者走者の明石は併殺を免れた。

 ベンチに戻るとハイタッチで同僚から迎えられ「シーズンと同じ。開幕後は、より全力になる。あれが自分のスタイル」とうなずき「練習でできなければ試合でもできない。昔からそうだ」と献身姿勢を強調した。

 この日は8イニング制で行われた紅白戦にフル出場し、3打数1安打。「体調も良かった。結果は気にしていない」。残る紅白戦は1試合で、チームはその後、23日のオリックスとのオープン戦(宮崎市清武)から対外試合に突入する。「一試合でも多く出て、シーズンに向けて着々と状態を上げていきたい」とヤクルトから移籍1年目のシーズンへ意欲的。「ファイトファイト」と連呼しながら帰りのバスに乗り込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ