ソフトバンク松本が初開幕ローテへ2戦連続0封 倉野コーチ「目の色変わった」

西日本スポーツ 長浜 幸治

 初の開幕ローテ入りへ猛アピール!! 福岡ソフトバンクの6年目、松本裕樹投手(23)がヤクルトとのB組(2軍)練習試合(西都)に先発し、2回1安打無失点と好投した。最速151キロをマークし1回を三者凡退に抑えた13日のA組(1軍)紅白戦に続き、この日は多彩な変化球を低めに集める技ありの投球を披露。キャンプB組スタートからの成り上がりを狙う。

 寒風吹きすさぶマウンドで大人の投球を見せた。「前回(13日)は真っすぐで押せたので、きょうは変化球に対する打者の反応が見たかった」。言葉通り、全21球のうち6割以上の13球が変化球。スライダー、カーブ、カットボールなどを丁寧に投げ分け、2回2死では6番打者を低めのフォークで空振り三振に仕留めた。最速は143キロ止まり。それでも「寒かったし風も強かったのでこんなものかな」と納得の表情を浮かべた。

 初回1死一塁で巧みなけん制で走者を刺し、ランナーのいない場面でもセットポジションを試した。マウンド上での余裕を感じさせる投球内容に、倉野ファーム投手統括コーチは「能力的には1軍の先発ローテに入ってもらわないといけない選手。今のB組投手陣の中では最右翼だと思う」と高評価を与えた。

 ドラフト1位で入団した右腕も、近年は腰痛に苦しんだこともあり入団5年で4勝。それでも胸中を周囲に明かすことはない。「口では何とでも言えるし、自分の気持ちをわざわざ言う必要はない。行動と結果で示すだけなんで」。硬派な姿勢に、倉野コーチは「去年までは人に左右されがちなタイプだったが、今年はやるべきことを淡々とやっている。目の色が変わった」と変化を感じ取る。初の開幕ローテ入りへ、黙々と腕を振り続ける。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ