バレー女子・新鍋、中田監督から「やりきろうね」

西日本スポーツ

 バレーボール女子の日本代表が今月、今年初めての合宿をスタートさせた。2012年ロンドン五輪銅メダリストの新鍋理沙(久光製薬)は「やりきる!」をテーマに掲げた。

 合宿の集合日に中田監督と一対一で面談したといい「悔いなく、やりきろうね」と声を掛けられたという。代表最年少の22歳で出場したロンドン五輪から8年。その間に故障で代表を辞退し、16年リオデジャネイロ五輪は選出されていない。久光製薬を率いていた中田監督の下、17年から代表復帰。「一つの区切りでは絶対あると思うし、チャンスを自分でつかめるように」との言葉に力がこもった。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ