亡命報道のコラス ソフトバンクがNPBに申請した「制限選手」とは

西日本スポーツ

 制限選手とは 選手が個人的理由により野球活動を停止する場合、野球協約第60条第2項に基づいて、球団はその選手を制限選手としてコミッショナーに申請することができる。受理された場合、対象選手は他球団への移籍が制限され、球団側は1日につき年俸の300分の1に相当する金額を減らすことができる。日本では、2011年の東日本大震災発生後に帰国し、再来日を拒否した横浜(現DeNA)のブレント・リーチ投手、巨人のブライアン・バニスター投手に公示された例がある。またコラス選手と同じキューバ選手では、15年のDeNAのルルデス・グリエル・ジュニア内野手が制限選手となった例がある。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ