開幕絶望のソフトバンク甲斐野「激痛です」、PRP療法受ける

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(19日、宮崎・生目の杜運動公園)

 リハビリ組で調整している甲斐野央投手(23)が19日、血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP療法」を受けたことを明かした。

 キャンプ休日だった前日18日に佐賀市内の病院で、右肘に注射を打ったという。「激痛です。肘が伸びないので、顔を洗うのも歯を磨くのも、左手を使っています。頑張って戻ります」と気丈に前を向いた。

 甲斐野は14日に「右肘内側側副靱帯(じんたい)一部損傷」と診断されていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ