ソフトバンク、「ジェット風船」も自粛 新型肺炎の影響

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは20日、新型コロナウイルスの感染予防対策のため、選手によるファンサービス(サイン、ハイタッチ、握手、写真撮影、プレゼントの受け渡しなど)を同日から当面の間、自粛すると発表した。

 また、「ジェット風船」の販売も自粛。ホームの試合で7回の攻撃前に行う「ラッキーセブンジェット風船」や、勝った試合後の「勝利の白星風船」の演出も自粛するという。期間は「当面の間」としている。

 今後については、感染者の発生状況を注視しつつ、国や福岡県、福岡市の関係当局と連帯し、対応を順次実施していく予定、としている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ