スチュワートは「思ったよりできる」/西村龍次

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ紅白戦(20日、宮崎・生目の杜運動公園)

 スチュワートには「思ったよりできるな」という印象を受けた。ストライクもまずまず入るし、クイックも遅くはない。一塁けん制で悪送球があったとはいえ、体が大きい割にはバタバタした感じはなかった。何よりコンスタントに150キロを超える直球は魅力的だ。

 あの長身から投げ下ろす落差があるカーブもいい。この日のように、ある程度ストライクが取れれば、ピッチングができる。今季の1軍の戦力とは考えられていなかったかもしれないが、故障者などが続いたときに、彼が助けてくれることがあるかもしれない。

 ただ、起用法の難しさはある。先発で使うには投球練習などを含めて200球近く投げられる体力が必要だし、現時点でそれだけの球数を投げることはできないだろう。いきなりセットアッパーを任せるのも難しいし、まずは体力をつけることが第一だ。

 ルーキーの津森は、誰もまともに捉えられていなかった。独特なリリースポイントで、タイミングも取りにくい。手元での球の強さや切れもある。故障した甲斐野のポジションに入る可能性は十分にある。育成の重田も実戦向きで楽しみな存在だ。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ