東京パラテコンドー代表田中光哉、古里で「競技の面白さ伝えたい」

西日本スポーツ

■「活躍して、面白さ伝えたい」

 今年の東京パラリンピックから実施競技に採用されるテコンドーの同大会男子61キロ級日本代表に内定した田中光哉(27)=ブリストル・マイヤーズスクイブ=が20日、古里の福岡県久留米市役所を訪問した。

 市職員に拍手で迎えられた田中。生まれつき両肘から先に障害を抱えているが、幼少期は剣道、小学生の時はサッカーに打ち込んだ。「昔から負けず嫌いな性格で、周りと同じようにやりたかった」。大久保勉市長との懇談では「自分が活躍して、テコンドーやパラスポーツの面白さを伝えたい」と健闘を誓った。

 田中は東京都障害者スポーツ協会に勤めていた2017年にパラテコンドーを始めた。当初は75キロ級だったが、体格を生かすために減量。今年1月26日の代表選考会では、脚の長さとスピードを生かして優勝。競技歴3年で代表の座を射止めた。 (平峰麻由)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ