戸伏康夫が好仕事で本線を粉砕 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(A級1、2班戦)は2日目、準決3番をメインに展開した。5Rは、山口貴嗣が外並走から捲った森川康輔を逆転。6Rは、小原丈一郎が鐘すぎカマシで押し切り。7Rは、日当泰之の捲りを止めた戸伏康夫が逃げ粘る友永龍介を2着に残した。


 最終日のハイライト7R決勝は東勢の結束を重視。ライン3車で臨む小原丈一郎のVに期待する。


【7R決勝のコメント】
(1)平田 徹 (小原に離れる)踏み出しは合ったんだけど伸びがすごくて…。ここは東ラインで折り合って、3番手を回ります。
(2)森川康輔 外並走になったけど、苦にはなりませんでした。レースでは気にならない重たさがあるけど、大丈夫と思う。自力。
(3)山口 翼 (小原を追い掛ける)少し反応が遅れたけど、想定通りの展開になったし、初日よりは良かったですね。小原君。
(4)戸伏康夫 何とか日当君の捲りを止められて良かった。いつも友永君は抑え先行で頑張ってくれるんですよ。決勝も番手で。
(5)山口貴嗣 森川君は外並走でも余裕がありそうでしたね。自分はついて行って抜くだけでした。デキは問題ない。また森川君。
(6)友永龍介 もう全て出し切りましたよ。最後は脚がガクガクになり、自分でバックを踏む感じでした(苦笑)。決勝も自力で。
(7)小原丈一郎 初日と準決では違うレース展開だったけど、しっかりと踏めました。調子は悪くないし、自力で頑張ります。

<レースの見どころ>

(1R)力と力で1=7から狙ったが、小林は点数以下の調子で過信できない。
【3連単】1=7―235。


(2R)補充・高鍋は最終日の一般戦クラスなら威張れる脚勢。次位には前残りの山本を指名する。
【3連単】1―7―346。


(3R)日に日に良化している高倉を、先輩の田中がしっかりと援護。位置決めずの矢内は場合によってはタテ脚も準備しそう。
【3連単】7―1―234か、7―234―234。


(4R)特選回りの西田が車番を生かした中団捲りで決着だ。別線は悪くない小川のライン。
【3連単】1―7―234。東勢は3=2―4。


(5R)準決で連係失敗の中四国勢が再タッグ。今度は今村の最終先制で富が差し切る。
【3連単】1―7―234。


(6R)捲り不発に散った日当が気合を入れ直す。同県の小笠原が好マーク。別線はかなり厳しそう。
【3連単】7―1―34。


(7R)仕上がり上々の小原がラインの厚みを生かした積極自力で粘り込む。きっちりと付け切れば山口翼も逆転Vが狙えそうだ。
【3連単】7=3―245。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ