質問魔だった野村克也さんの言う「技術以外の戦力」/藤原満

西日本スポーツ 相島 聡司

 インタビュー企画「キーマンに聞く」の春季キャンプ編第5弾は、今季から背番号19をつける甲斐拓也捕手(27)を、本紙評論家の藤原満氏が直撃した。ホークスの捕手が19番を背負うのは、11日に84歳で亡くなった野村克也さん以来、43年ぶり。入団の経緯や母子家庭で育ったことなど野村さんとの共通点も多い扇の要の覚悟に、南海時代にともにプレーして19番の輝きを誰よりも知る藤原氏が迫った。 (構成=相島聡司、本文敬称略)

 藤原 野村さんの訃報は本当に残念だった。わしは(野村さんが)プレーイングマネジャーの時に一緒にやって、確率の高い野球、1点を取って勝つ野球を徹底的に教えてもらった。拓也もこれまでにいろんな話をしてもらったんじゃないか。

 甲斐 はい。(野村さんの)本も読んで、何度かお会いさせてもらって。

 藤原 当時は(ヘッドコーチに据えた)ブレイザーの「シンキング・ベースボール(考える野球)」があって、基本も徹底してやった。そんなにいい選手はいなくても、一人ずつがきちんと仕事をすればチームは強くなるという野球やな。キャッチャーは冷静な判断力や洞察力、そして投手をどう観察できるかが大事じゃないかな。

■投手との「信頼」必要

 甲斐 僕はまだまだです。

 藤原 野村さんは「野球とは」「キャッチャーとは」みたいなことをよく質問してくる方だった。日本シリーズにも出たし、「キャッチャーとは」は分かりつつあると思う。

 甲斐 まあ…。でもまだまだ分からないことだらけ。まだまだです。

 藤原 大変な仕事やからね。制球のいい投手もミットを構えたところにどれぐらいくるか。それに自分の配球で打たれるときもあるし、失敗しても打たれないときがある。

 甲斐 難しい仕事ではあります。ピッチャーがちゃんと投げても打たれるときはあるので。

 藤原 ビッグゲームも経験していろいろな経験を積んで、これからが大事。去年は137試合に出たけど、やはり143試合全てでマスクをかぶりたいというのはあると思う。

 甲斐 やっぱり全部出たいですね。そこの欲はやっぱりあります。

 藤原 そこが一番求められる。今の野球は先発投手の投球回数も少なくなりつつあるし、後ろの投手がしっかりしているのが強い条件でもある。多くの投手をリードする上での配球の難しさもある。

 甲斐 毎試合、投手の状態も調子も違うし、球場やマウンド、相手チームによっても変わることがあるので。そこは早く把握しなくちゃいけないし、大事にいきたいと思います。

 藤原 その点、千賀とはいつも組んでいる。

 甲斐 それでも分かり切れていない部分はあると思います。千賀はもちろん、他の投手の方ともなるべく多くの時間を一緒に過ごして、コミュニケーションを取っています。

 藤原 捕手というポジションはチームの要。信頼関係が大事になるが、そこはできていると思う。

 甲斐 まだまだです。自分には足りない部分が多いし、もっともっと信頼という部分が必要です。

 藤原 打撃でも貢献したいと言っていた昨季は打率2割6分を打った。目標だと言っていた打率2割8分には届かなかったが、いいところまでいった。

 甲斐 まだまだ頑張りが足りなかったですね。そこまでいけば、チームにももっと貢献できていると思いますし、そこはいきたいところでもあります。去年は今までよりいい数字を残せたんですけど、納得も満足もしていません。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ