ソフトバンク松本、板東そろって好投 ローテ入り「可能性ある」コーチ

西日本スポーツ 長浜 幸治

 ◆練習試合 ソフトバンクB組2-0JR西日本(22日、宮崎・生目第2)

 開幕ローテ入りへ若手も本格サバイバル!! 福岡ソフトバンクの松本裕樹投手(23)と板東湧梧投手(24)の両右腕がJR西日本とのB組(2軍)練習試合(生目第2)に登板し、それぞれ3回を無安打無失点とアピールした。先発2本柱である千賀、高橋礼の調整が遅れるなど、現状では先発陣の顔ぶれは不透明だ。「下克上」を狙うB組右腕2人が目をぎらつかせながらアピールを続ける。

 開幕ローテを狙う若手右腕2人が火花を散らし合った。まずは先発した松本だ。初回の先頭打者をこの日最速の147キロで見逃し三振に切って取ると、3番には四球を与えたが捕手の九鬼が二盗を阻止し3人で攻撃を終わらせた。2回までの22球中18球が直球と力で押す一方、3回は一転してスライダー、ツーシーム、フォークを多投。変幻自在の投球で安打を許さなかった。

 「3回は今後のために変化球を一通り使おうと決めていた」と余裕たっぷりの松本。次回は宮崎での1軍練習試合に登板する予定だ。「ほかの投手の調整が遅れているとかは関係ない。自分がやることをやれば普通に(ローテで)回れると思っている」。ここまでの実戦3試合で計6回無失点と絶好調の右腕は強気を貫いている。

 4回から登板した2番手の板東も負けていない。先頭を四球で歩かせたものの、1死後に遊撃への併殺打を打たせて波に乗った。この日の自身最速144キロの真っすぐと100キロ台のカーブを織り交ぜ、6回までの3イニングで相手打線を無安打に封じ込めた。

 打者9人のうち6人を内野ゴロに仕留めるなど、打たせて取る投球を披露した板東は「先頭打者への四球は絶対にやってはいけないことだけど、しっかり切り替えられた。回を追うごとによくなった」と納得の表情。ルーキーイヤーの昨季は支配下同期の投手5人のうち、板東だけが1軍登板をつかめなかった。「もちろん悔しさは忘れていない。とにかく結果を出し続けるしかない」と意気込む。

 若手投手のアピールに首脳陣も喜びを隠せない。工藤監督が「いい形できているんじゃないか。僕らも期待して見ています」と笑みを浮かべると、森山投手コーチも「2人とも制球がいいし崩れる感じがない。ローテに入ってくる可能性はもちろんある。チームの活性化にもなるし、食い込んでくれたら本当にうれしい」と期待を寄せる。虎視眈々(たんたん)と先発枠を狙う松本&板東の投球から目が離せない。(長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ