鳥栖VARに救われた、初の得点取り消し 微妙判定に「分からなかった」

西日本スポーツ

 ◆明治安田J1第1節 川崎0-0鳥栖(22日、等々力)

 J1サガン鳥栖が2季ぶりの優勝を狙う川崎との敵地での開幕戦で、押されながらも引き分けて勝ち点1をつかんだ。

 試合開始早々から押されっぱなし。後半開始直後、一度は川崎レアンドロ・ダミアンの先制点が認められたが、今季から導入された映像で判定をサポートするビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、得点が取り消しとなった。

 その後の猛攻も耐え抜き、0-0で試合終了。シュート数は鳥栖の3本に対して、川崎は19本と防戦一方だっただけに、先制点を許さなかったことが大きかった。

 VARで得点が取り消しになったのは初めて。微妙な判定に、GK高丘は「(オフサイドとは)分からなかった」と振り返り、DFエドゥアルドも「気が付かなかった」と話した。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ