昨季打率1割台、1本塁打だった代走の切り札が…周東いきなり快音連発の背景

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆オープン戦 オリックス4-10ソフトバンク(23日、宮崎市清武)

 俊足だけじゃない! 正二塁手を目指す福岡ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が、課題だった打撃で大暴れだ。チームのオープン戦初戦となるオリックス戦(宮崎市清武)に「1番二塁」でスタメン出場。OP戦チーム1号となる3ランに三塁打、単打とサイクル安打にリーチをかける猛打を披露した。持ち前の足はもちろん、内外野3ポジションでの守備も無難にこなすなど、大きな存在感を示すことに成功だ。

1番二塁でスタメン

 快足を飛ばすことなく、軽やかにダイヤモンドを一周する周東がいた。3回無死一、二塁。荒西が投じた内角への128キロの直球を捉えると、米メジャーでゴールドグラブ賞に4度輝いた相手右翼のジョーンズも見送るしかなかった。昨シーズンは1本塁打だった男が、早々のオープン戦1号3ラン。「昨年あれだけ打てなかったので、オープン戦の1試合目で結果が出たのはよかった」と笑った。

 進化を遂げた打棒はこれだけではない。初回の第1打席では荒西の140キロの直球を捉え、右越えの三塁打を放っていた。「最初に1本出たのでホッとしました」。5回の第3打席でも右前打をマークしてサイクル安打にもリーチ。ところがその後の2打席は凡退に終わって「(サイクル安打を)めちゃくちゃ意識しました。狙ってはだめ。狙って打てる打者ではないので」と苦笑いも浮かべた。

 課題の打撃を克服しようと名手今宮に弟子入りした自主トレでは、守備はもちろん、連日4時間近くも打ち込んだ。今キャンプでも下半身をしっかり使いながらタイミングを取る打法に磨きをかけるため、精力的に特打に励んでいる。「遠く飛ばそうとは思っていない。強い打球を打とうとする練習をしてきた中での結果」と一層の努力を誓う。

残り2打席は凡退…

 二塁の守備も無難にこなしたほか、左翼と三塁にも就き万能性も示した。暴投を機に一気に三塁まで到達して、持ち前のいだてんぶりも見せるなど走攻守で躍動。腰の違和感で別メニュー中の牧原らと争う二塁手のレギュラー獲得へ向けて大いに存在感を発揮しながらも「(二塁スタメンで)出たい気持ちがある。(争いは)続くので、浮ついた気持ちでいかないように気を引き締めてやっていく」と口元を真一文字に結んだ。

 昨季は打率1割9分6厘だった周東の打棒に工藤監督も驚きを隠さない。俊足を生かそうと「出塁したら盗塁とか走る機会をつくろうと思っていたが、それを上回る打撃だった。(レギュラーが)足を使えると相手にも重圧がかかる。期待したい」とうなずく。ホークス正二塁手争いがますます激しさを増している。 (山田孝人)

   ◇    ◇

 森ヘッドコーチ(周東について)「キャンプでやってきたことがいきなり結果に出た。いい感じでファーストストライクから振れていたし、(本塁打は)芯で捉えられてもやもやも吹っ飛んだんじゃないか。『控えは嫌』という気持ちでセカンドにも殴り込みをかけているし、(攻守で)大きなアピールになった」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ