ソフトバンク和田39歳初の対外試合 25日先発で「自分の投球を」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの和田毅投手(39)が25日のロッテとの練習試合(宮崎アイビー)に先発する。

 今春初の対外試合登板となる左腕は3イニングを投げる予定。「自分のボールをマウンドではまだ投げられていない。自分の投球をしっかり表現したい」と意気込んだ。初の実戦登板となった17日の紅白戦では2回2安打1失点で「まだ全然です」と納得はしていなかっただけに、手応えをつかみたいところだ。

 チームが宮崎・生目の杜運動公園でのキャンプを打ち上げた24日はキャッチボールやランニングで調整した。左肩痛からの復帰途上で本格的な投球練習ができなかった昨春キャンプと違い、今年はブルペンで精力的に投げ込んだ。エース千賀や高橋礼が故障で調整遅れが懸念される中、21日で39歳となったチーム最年長のベテランが開幕ローテ入りへ向けて対外試合のマウンドに立つ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ