ソフトバンク甲斐野がキャンプ地離れる リハビリ専念「一生懸命」

西日本スポーツ

 右肘の故障でリハビリ組で調整している甲斐野央投手(23)が24日、チームがキャンプを行っていた宮崎を離れ、福岡・筑後の選手寮に戻った。

 救援陣の一角で2年目もフル回転が期待されていた右腕は、開幕絶望となったことにも「けがをしてしまったことは仕方がない。とにかく投げられるようになるために一生懸命やるだけ」と強調した。18日に自らの血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP注射」による治療を受けており、前を向いてリハビリに取り組んでいく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ