ソフトバンク森「最悪だった」今季初対外試合で自分に駄目出し

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク2-1ロッテ(25日、宮崎アイビー)

 ソフトバンクの守護神、森は今季初の対外試合の登板を「最悪だった」と自身に駄目出しした。0-0の6回から4番手で登板。2死から元同僚の福田に右前打を許すと、4番井上はストレートの四球で歩かせ一、二塁のピンチを招いた。角中をカットボールで二邪飛に打ち取り、無失点で切り抜けたが、表情が渋い。「全体的にしっくりきていない。フォームも良くないし、もう一回、やり直す」。厳しく自己分析して課題に取り組んでいくことを明かした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ