【クローズアップ】下條強欲にサヨナラ

西日本スポーツ

 痛恨のミスも何のその!! 下條雄太郎(33)=長崎=は初日4R、1Mの展開を見誤ってしんがり争いに。ただ、そこから猛烈な追い上げで3着奪取。「1Mの失敗がなければ1着の展開だったのに…」と悔やんだ。

 だが同時に確かな手応えも得た。「道中でかなり追い上げが利いた。伸びは威張れることないが、実戦向きで自分好みの足」。3着は桐生順平を競り落としてのもの。出ていないはずがない。

 レース後はピット内で誰よりものんびりしていた下條。足に自信があるのはもちろん、反省を生かすためだ。前節のからつ地区選は、2日目までオール3連対も、そこから6着3連発であえなく予選落ち。「エンジンは良かったが、さらに上を目指して欲をかいてしまった。そうしたら壊してしまって…。強欲でした」

 だからこそ同じ轍は踏まない。「足の上積みではなく、自分がミスをせずに走れるかどうか。そっちが大事」。スピードと豪快なターンは、グランプリ級にも引けを取らない。「あとは冷静に(笑)」。エンジン出しへの強欲さを捨て、改めて地力をアピールする。 (渡辺将司)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ