和田が見せた「さすが」の投球 先発陣に故障続く中で/池田親興

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク2-1ロッテ(25日、宮崎・アイビースタジアム)

 先発陣に故障が続く中で、さすがベテランという印象だ。和田に不安は見当たらない。立ち上がりこそ、先頭に三塁打を許しながらも、終始落ち着いていた。四球、安打もあった中で、ペースを乱さない。間合いが早くなったりすることもなく無失点で切り抜けた。

 2回までは少しボールが高く、完全にコントロールしきれていない感じもあったが、3回はきっちり修正し、思い通りに球を操った。修正能力の高さは相変わらずだ。いい感じで投げ終えることができたし、直球自体は走っていた。今の段階は、結果どうこうというよりさまざまな課題の確認作業がメインになる。今後の実戦登板は3試合程度。徐々に状態を上げていきながら、開幕に向けて順調に調整を続けるはずだ。

 甲斐野が離脱したリリーフ陣で、開幕時に必要不可欠になった岩崎。球の切れもよく、球数も少なかった。このまま順調なら、開幕から大きな戦力になる。森は、ボールこそ左右に動いていたが、思ったほどスピードは上がっていなかった。ここからキャンプの疲労が抜け、緊張感が増す状況なら、当然数字も上がってくる。こちらも心配はしていない。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ