バレンティンに待望の新天地1号 最後は左手一本でスタンドへ

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-ロッテ(26日、宮崎・アイビースタジアム)

 ソフトバンクに新加入したウラディミール・バレンティン外野手(35)が待望の新天地1号をマークした。

 4番DHで先発出場。6回無死一塁でロッテの右腕大谷の投じた139キロを捉え左中間スタンド2ランを運んだ。最後は左手一本で、悠々と打球の行方を見つめる豪快な一打となった。

 バレンティンにとっては今春の対外試合3試合目で生まれた初安打で、本塁打はキャンプ中の紅白戦を含めても初めて。主軸候補が放った貫禄の一発にベンチにも笑みが広がった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ