内村航平「苦渋の決断」感染拡大で初の主催大会中止、白井ら出場予定も

西日本スポーツ

 体操男子個人総合で五輪2大会連覇の内村航平(リンガーハット)=長崎県諫早市出身=が創設し、3月18日に群馬・高崎アリーナで初めて開催される予定だった「KOHEI UCHIMURA CUP」の中止が2月26日に発表された。

 4月からの東京五輪代表選考会への実戦機会、競技普及を目的に内村、白井健三(日体大大学院)らリオデジャネイロ五輪団体金メダルのメンバーも出場予定だった。

 内村は所属事務所を通じ「感染拡大防止をしなければならないという思いから、苦渋の決断ですが中止させていただきます。事態の一日も早い収束を心から願っている」などとコメントした。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ