ルーキー津森は実戦向き 甲斐野の穴を埋める一人に/柴原洋

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク6―4ロッテ(26日、宮崎・アイビースタジアム)

 津森が抑えることができたのは、外角のボールの出し入れが抜群に良かったからだ。サイドスローから躍動感あるフォームで思いっきり腕を振り、スライダーやシュート系、浮き上がるような真っすぐをストライクとボールの境界線近くに投げ分けていた。

 ボールに力があり、カウントをいつでも取れる制球力も備える。現状ではホークス投手陣にはいないタイプ。実戦向きで、離脱した甲斐野の穴を埋める一人になれる人材だ。

 この日の投球で気になったのは、厳しく内角に制球したボールが見られなかったこと。今後、レギュラークラスが日増しに調子を上げ、実戦で対戦する打者のレベルが上がっていく。その段階になると、左右の打者に対してインコースを突くボールがないと抑えることが難しくなる。レギュラークラスの打者は、内角がほとんどないと分かれば、そこは捨て外角に絞って勢いあるボールでも上からたたいてくる。

 逆に言えば、内角を意識させられれば、津森の外角球についていける打者はそうはいない。今後、抑えられるかどうかは、津森が実戦でどれくらい内角を突けるかが鍵を握る。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ