西武今井「力み倒した」自己最速155キロも制球難 辻監督は辛口評価

西日本スポーツ

 ◆練習試合 オリックス2―5西武(26日、宮崎市清武SOKKENスタジアム)

 先発ローテ候補の今井が「力み」を猛省した。5回から2番手で登板。球場のスピードガンで自己最速の155キロを計測するなど150キロ台を連発したが、いきなり四球と死球でピンチを招くなど、制球面が安定しなかった。「力み倒してしまった。余計なところに力が入って制球が定まらなかった」。

 4イニング目の8回はようやく三者凡退に抑え、4回を被安打1の無失点。辻監督は「駄目だった。ストライク、ボールがはっきりしていた。8回は非常にいい形だったけど…」と厳しかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ