ソフトバンク首脳陣が千賀のファーム調整を決断 開幕投手、東浜候補

西日本スポーツ

 右前腕部の張りでノースローが続く千賀滉大投手(27)の3年連続開幕投手が厳しい状況となった。

 宮崎でのキャンプ、練習試合の最終日だった27日、福岡に戻った後は1軍を離れて筑後のファーム施設で調整することが決まった。エースは「何も話すことはありません」と多くを語らず宮崎を後にした。

 3月20日の開幕戦まで約3週間となったが、千賀はキャンプ中の23日からノースロー調整のまま。昨季は左肩故障からの復活途上だった和田が開幕直前まで1軍に同行し調整したが、首脳陣は投球再開のめどが立たないエースを1軍に帯同せずファームで調整させることを決断した。

 今後、急激な回復が見られた場合を想定した「ぶっつけ開幕」プランも首脳陣の中にはあるものの、“代役”候補の東浜が好調をキープしている。先発予定となっている29日の阪神とのオープン戦(ペイペイドーム)の投球内容次第では東浜が当確ランプをともす可能性がある。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ