レッスン場から「公演」生配信 HKT上野ら企画、新型肺炎で中止受け

西日本スポーツ 古川 泰裕

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月11日まで劇場公演を中止しているHKT48の上野遥らが27日、レッスン場で独自に「公演」を開催、動画配信してファンを楽しませた。

 26日の「RESET」に出演するはずだった上野は、中止の発表を受けてツイッターを更新。いったんは「すごく残念で、どうしようもないですが、また皆さんと楽しい時間を過ごせるように、私自身もしっかり予防します」としたが、その日のうちに、独自にレッスン場で「RESET」公演を27日に開き、動画配信サイト「SHOWROOM」で生配信すると発表した。

 公演をこよなく愛し「劇場の女神」と呼ばれる上野の提案に、下野由貴や上島楓、豊永阿紀ら親交の深いメンバーが次々と賛同。動画配信時には上野を含め9人が集まった。

 2期生の渕上舞がカメラマンを務める中で披露した「公演」には、メンバー全員がレッスン着で参加。渕上が撮影しながらコールをしたり、出番ではないメンバーがペンライトを振りながら声援を送ったりと、和気あいあいとした雰囲気で進行した。パフォーマンスではいつも通りに全力を尽くし、元気に汗をかいた。終盤にさしかかる頃には、同公演でセンターを務めている渡部愛加里も駆けつけ、視聴者をわかせた。

 途中で手を消毒するなど、衛生面にも配慮した。この日のために新たなポジションも覚えたという上野は、全曲に参加する奮闘。配信中に「好評だったら明日(28日)以降もやっていきたい」とスタッフに直談判した。終演後には、「ちょっとの発信で、こんなに大きく楽しいことができるのは48グループの良さだなと感じた。少しでもみなさんが楽しんでいただけたら、私たちはすごくうれしい」と、初の試みを振り返った。

 その後、上野はあらためてツイッターを更新し、「明日の制服の芽公演の開催も決定しましたーー」と報告した。(古川泰裕)

 参加メンバー 上野遥、下野由貴、秋吉優花、渕上舞、今村麻莉愛、豊永阿紀、地頭江音々、渡部愛加里、上島楓、水上凜巳花

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ