ソフトバンク石川、納得できない対外試合初登板「この状態では」

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク7―2西武(27日、宮崎・アイビースタジアム)

 今春対外試合初登板となったソフトバンクの先発、石川柊太投手(28)は3回1失点の結果に首を振った。

 3回に西武の新外国人、スパンジェンバーグにスライダーを捉えられ右翼席へのソロを献上。最速は149キロをマークし「しっかり(ストライク)ゾーンに投げることはできたし、少しはいい形も出たかな」と振り返った一方で「でも(先発ローテ入りは)まだまだこの状態では厳しい」と厳しく自己採点した。

 開幕まで約3週間。この試合では2番手の松本が3回を完璧に抑えるなどアピールしており、石川もこれから本格化する競争を見据え気合を入れ直した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ