白井が得点率トップ 開設65周年記念 【下関】

西日本スポーツ

 下関ボートのG1開設65周年記念「競帝王決定戦」3日目の27日は、ホーム追い風が強く1Rから9Rまで安定板を使用。その条件の中、初日後半から3連勝と安定した走りの白井英治が得点率トップに立った。初日から4連勝を狙った原田幸哉は後半11Rで3着となり2位に。3位には松井繁。3日目終了時点のボーダーは5.80。ボーダーを6点で計算すると6位タイの谷村一哉までが無事故で当確。28日からは感染症拡大に対応するため、無観客で開催。予選は11Rまででベスト18を争う。なお、山崎智也と谷川祐一は病気のため、吉村正明、大池佑来、羽野直也は負傷のため帰郷した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ