海外勢は不安も口に 大迫「熱い走りで元気を」コロナ直撃東京マラソン

西日本スポーツ

 3月1日に行われる東京五輪代表選考会を兼ねた東京マラソンは、新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、一般ランナー約3万8000人の出場を中止し、車いすを含めた各部門のエリートランナー約300人によって行われる。2月28日の会見でも記者にマスクの着用を呼びかけ、持参していない記者には受付で配られた。

 質疑応答では日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)らが中国・上海のテレビ局の記者から中国のファンへのメッセージを求められた。大迫が「僕らが熱い走りをすることで元気を与えられると思うので頑張っていきたい」と話した。井上大仁(MHPS)は「世間が大変な中でこうやって大会に出場できなかった方にも応援してもらえるような走りをしたい」と決意を示した。

 昨年大会を制したビルハヌ・レゲセ(エチオピア)は「世界中を心配させている。神に守ってもらうしかない」と不安な胸中を口にした。2時間2分0秒を目標タイムに上げたシサイ・レマ(同)は「人類にとって大変なこと。神を信じるしかない」と続けた。

 東京マラソン財団は、新型コロナウイルスによる影響を明らかにしていないが、車いす部門では男女12人の招待選手が出場を辞退した。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング