ソフトバンク甲斐野、来月10日ごろキャッチボール再開に意欲

西日本スポーツ

 右肘の故障でリハビリ組で調整しているソフトバンクの甲斐野が、筑後のファーム施設で約50メートルのダッシュやウエートトレーニングで調整した。

 宮崎春季キャンプ中の18日に血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP療法」を受けた右腕は「順調に回復が進めば、3月10日くらいにボールが投げられると思う。それまではまず落ち着いて、ゆっくりですね」とキャッチボール再開のめどを語った。今後も焦らずリハビリを続ける考えだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ