白井予選トップ守る 65周年記念 【下関】

西日本スポーツ

 下関ボートのG1開設65周年記念「競帝王決定戦」は29日、9~11Rで準優を行う。予選最終日の4日目は、雨のコンディションとなったが、風は穏やかでイン有利の流れ。8R5号艇で登場した白井英治は、1M差したものの届かず3着。しかし、得点率9.20でトップを死守した。2位に原田幸哉、3位は桐生順平。この3人が準優の1号艇を手にした。最終的なボーダーは6.17。前日の下位からは連勝の平本真之と丸岡正則が勝負駆けに成功。5日目から柳瀬興志と佐々木完太の2人が追加で参戦する。なお、28日から無観客開催となったが、イベント関連の問い合わせはあったものの、本場での混乱はなかった。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ