【クローズアップ】中村結果にこだわる

西日本スポーツ 渡辺 将司

 ついに第一関門を突破した。中村晃朋(28)=香川=は予選ラストの7R、インから堂々と押し切って今節3勝目をマーク。G1出場8節目にして、初の予選突破を果たした。「とりあえず良かった」と胸をなで下ろした。

 もちろん機力の裏付けがある。「伸びを求めて上向いた分、良かったレース足は少し落ちた。それでも十分勝負できる足」。スピードに乗った旋回で強気に攻めるのが身上。仕上がりには満足だ。

 ただ、成績に満足の様子は一切ない。「予選を突破したじゃ、結果を残したと言えない。優出もそうだが、ずっとG1を取りたいと思っている」。目指す先はあくまでその先。「早くSGに出場したい。そのためにはG1で結果を残さないといけない」。G1レギュラーからSG常連となるためには、初準優にも一喜一憂はできない。

 今大会は、師匠・重成一人と同時参戦。「しっかりと地に足を付けてレースできていると思う。一歩でも近づきたい」。着実に成長を続ける28歳。強くなるのはまだまだこれからだ。 (渡辺将司)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ