柳田初実戦が中止に「その分練習」内川と仕切り直し

西日本スポーツ

 ◆春季教育リーグ ソフトバンク-阪神(29日、タマスタ筑後)

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(31)、内川聖一内野手(37)が今年初実戦で出場予定だったが、雨天のため中止となった。

 柳田は右肘手術明けのため、昨年10月の巨人との日本シリーズ以来、約4カ月ぶりの実戦出場予定だった。屋内練習場でフリー打撃などを行い調整。「(雨天で中止は)仕方ないですね。その分練習をします」と精力的に汗を流した。

 左膝関節炎のため調整が遅れ、今春初めての試合出場予定だった内川はノックを受けるなどして調整。早期の1軍復帰を見据えて「試合のイニング数もこなしていかないといけない。自分ができることをしっかりやっていきますよ」と話した。

 ともに3月1日の同カードに出場予定だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ