130日ぶり実戦の柳田2打席2四球「球の見え方良かった」スイング1度だけ

西日本スポーツ

 ◆春季教育リーグ ソフトバンク-阪神(1日、タマスタ筑後)

 右肘の手術明けのためリハビリ組で調整しているソフトバンク柳田悠岐外野手(31)が実戦復帰し、「3番DH」でスタメン出場した。

 出場予定だった2月29日の同阪神戦が雨天中止となっていた。2打席に立って、いずれも四球。第1打席は6球ともスイングせず、第2打席では6球で1度スイングして空振りした。2個目の四球から、相手の失策も絡んで本塁に生還するシーンもあった。

 昨年10月23日の巨人との日本シリーズ第4戦(東京ドーム)以来、130日ぶりとなる実戦を終えて「ボールの見え方はよかったけど(実戦の)感覚はまだかな。見え方に違和感はなかったので、あとはボールをどう打つか。(右肘の)怖さもないですよ」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ