瀬古氏が絶賛、大迫より井上「本当に頑張った。感謝しないと」

西日本スポーツ

 東京マラソンは1日、東京都庁前から東京駅前のコースで東京五輪の男子代表選考会の一つとして開催され、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=が自らが2018年に樹立した日本記録2時間5分50秒を更新する2時間5分29秒で日本人トップの4位。残り1枠の代表入りが有力となった。

 レース後、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)は26位に終わったものの、果敢に先頭集団に挑戦した井上大仁(27)=MHPS=をたたえた。一見無謀にも思えるチャレンジを、瀬古リーダーは大迫の日本記録以上に絶賛した。

 「最後までチャレンジしてくれた井上選手は本当に頑張った。大迫くんの努力もあるけど、井上くんが前にいたことが大迫くんの粘りにつながった。井上くんがいなかったら、日本記録は出なかった。チャレンジしてくれた井上くんには感謝をしないといけない」

 2時間3分台のゴールを目指す第1集団についた日本人選手は、井上と大迫だけ。集団の後方につけて様子をうかがった大迫に対して、井上は中盤でレースの流れに乗った。

 22キロ付近で先に大迫が先頭集団から離れ、井上は24キロ付近で離されたものの、日本記録を大きく更新するペースで進んでいた。この走りが、自らの日本記録を更新されれば東京五輪出場権を失う大迫に、もう一段階ギアを上げる「攻め」の選択をうながした。

 もっとも、井上にとってオーバーペースであったことは否めず、徐々に失速。体勢を立て直した大迫に32キロすぎに追いつかれ、33キロ手前で前に出られた後は、徐々に後退を余儀なくされた。結果は、自己ベストの2時間6分54秒にも遠い2時間9分34秒だった。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ