果敢に挑戦し完敗した井上 壮大目標あえて掲げた理由

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 東京マラソンは1日、東京都庁前から東京駅前のコースで東京五輪の男子代表選考会の一つとして開催され、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=が自らが2018年に樹立した日本記録2時間5分50秒を更新する2時間5分29秒で日本人トップの4位。残り1枠の代表入りが有力となった。井上大仁(27)=MHPS=は果敢に先頭集団に挑戦したが、26位に終わった。

 2日前の記者会見で「2時間4分30秒」のタイムを目標に掲げ、井上はスタート直後から2時間3分台を目指す第1集団に挑んだ。もっともオーバーペースがたたり、終盤に失速。2時間6分54秒の自己ベストに遠く及ばない2時間9分34秒に終わった。

 大きすぎる目標とレースプランに挑戦した背景には、井上の信念がある。原点は長崎・鎮西学院高時代。指導を受けた入江初舟監督から「自分の思い描いた分しか、目標は達成できない」と教えられた。当時の練習日誌には「世界レベルの選手になる」と壮大な夢を書き込み、社会人となった今も抱き続けている。

 実際に、今大会に向けた練習では2時間4分台を想定して練習を重ねてきた。レース前の会見で目標タイムをぼかしたり、実現可能性も踏まえた「2時間5分台」という目標を掲げたりすることもできたはずだが、井上は「世界と戦うには必要なタイム」と、信念をぶれさせなかった。大一番を前にして“原点”に立ち返った様子を目にして、MHPSマラソン部の黒木純監督は「ヨシッと思った。中途半端に『5分台』と言うよりよかった」と振り返る。

 結果的に挑戦は失敗に終わった。大迫について「半端ない」と脱帽した井上。そこには、完走者中最下位に終わったMGCのようなぼうぜんとした姿ではなく、どこかすがすがしい表情があった。「1回、このレベルを見たことは大きな財産になる」。日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「次に生きる」と、挑戦した勇気を買う。マラソンでの東京五輪の可能性は消滅した。それでもこの「勇気」は、次へと踏み出す一歩となるだろう。(伊藤瀬里加)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ