ソフトバンク支えるバンデンハーク 故障者相次ぐ中ペイペイ初登板

西日本スポーツ

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手(34)が、3日のヤクルトとのオープン戦(ペイペイドーム)に先発する。

 2日は同ドームで行われた先発投手練習に参加しキャッチボールで調整。2月26日のロッテとの練習試合(宮崎アイビー)で3回無失点と好投して以来の実戦登板で、同ドームは改称後初めて投げることになる右腕は「70球は投げる予定。ここまで体に痛みもなく順調にこられた。しっかりと球数を投げられればいい」と落ち着いた様子だった。

 ソフトバンクは昨季13勝のエース千賀、昨季12勝で新人王の高橋礼がいずれも開幕に間に合わない可能性が高まっている。こうしたチーム状況もあり、昨季は故障の影響で2勝にとどまったとはいえ来日通算41勝を誇るバンデンハークには開幕からローテの軸として期待がかかる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ