ソフトバンク和田「自分のやるべきことを」早大後輩の大迫激走に思う

西日本スポーツ 山田 孝人

 福岡ソフトバンクの和田毅投手(39)が2日、母校早大の後輩大迫傑(28)の活躍に刺激を受けたことを明かした。1日の東京マラソンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自粛ムードに包まれた異様な雰囲気の中で開催されたが、大迫は自らの日本記録を更新するタイムを樹立した。和田が登板を予定する4日のヤクルトとのオープン戦(ペイペイドーム)も無観客試合。再びファンがスタンドを埋めてくれる日に向けて、大迫と同様に完璧な調整を進めることを誓った。

 ぶれずに走り抜いた後輩の姿に刺激を受けた。自身と同じく早大出身の大迫が、東京マラソンで自らの日本記録を更新。今夏に開催される東京五輪の日本代表へ大きく前進した。ニュースなどで姿を目にした和田は「本当にすごいこと」とたたえた。

 感染が広がる新型コロナウイルスの影響で、例年は大会を彩る数万人の市民ランナーが不在、沿道の応援も自粛要請された東京マラソン。異様な雰囲気の中で行われた大舞台にも動じずに結果を残したことに感銘を受けた。「条件などが変わるなかでの日本記録。素晴らしい」とうなずいた。

 プロ野球界もファンサービスの自粛など感染拡大防止の対策を打ち出している。先発が予定されている4日のヤクルトとのオープン戦も無観客試合で実施される。東日本大震災が発生した2011年にも無観客試合で登板経験がある左腕は「雰囲気が違った」と回想する。

 だからこそ、力走する大迫の姿に刺激を受けた。「(大迫は)自分のやるべきことを、しっかりとやっていた。自分もそういうふうに、しっかりと自分の力を出せるようにしたい」。開幕を見据えて万全な調整を進めることへの決意を新たにした。

 多くの小中高校なども休校となっている。そんな情勢を鑑み「野球をやれることに感謝しないといけない」と言う。だからこそ「ファンの方々が安心してスタジアムに戻っていただける時に、いいプレーが見せられるようにしなければ」との思いを日々強めている。

 2日はペイペイドームで投手練習に参加。マウンドの感触を確かめ、キャッチボールなどを行った。4日は4~5イニングを投げる予定で「強い球をしっかりと投げたい。それができれば変化球も生きてくる」とテーマも設定。ファンが待ち望む日へ向けて最高の準備を進める。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ