ソフトバンク3安打0封負け バレンティン古巣戦欠場

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク0-2ヤクルト(3日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは打線が振るわず、ヤクルト相手に3安打で零敗を喫した。

 1番牧原が初回に左翼フェンス直撃二塁打で出塁したが、周東、中村晃、松田宣が凡退。牧原を三塁に進めることもできなかった。

 先発バンデンハークは3回に失策絡みで1失点。直後に無死から高田が二塁打を放つと、釜元の送りバントで三塁へ進めたが、後続の牧原、周東が倒れた。

 5回に3番手・川原が3四球と味方の失策で1点を失った。打線は3回の釜元の二塁打を最後に安打がなくゼロ行進。8回は昨季までソフトバンク育成で、ヤクルトへ支配下で移籍した長谷川に無安打無失点に抑えられた。

 無得点は今春の対外試合7試合目で初めて。ヤクルトから加入のバレンティンは欠場した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ