スイング変えて好調の中村晃 打順のバリエーションも期待/柴原洋

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク8-1ヤクルト(4日、ペイペイドーム)

 中村晃が今季に向けて変えた意識がはっきりと伝わってきた。昨季までの長打を狙うスイングを、アベレージを上げるため、コンパクトにたたくスイングにチェンジ。明らかに差が出るのが、難しいボールへの対応だ。大振りしないため、カットしながらファウルで逃げつつ、ストライク、ボールを見極められる。当然、四球が増え、出塁率は上がる。初回の1打席目はフルカウントからファウルを打った後、右前に運んでチャンスを広げた。

 一方で、これまでの打撃が無駄になったわけではない。3回はコンパクトに捉えてスタンドへ運んだ。この状態なら間違いなく打率も上がる。高い確率でチャンスメークできる中村晃がいることで、打順にバリエーションが増える。1番や2番、場合によっては9番でも、彼がそこにはまることで相手バッテリーが誰と勝負するか難しい選択を迫られ、得点にもつながっていく。

 栗原が打撃面で成長したのも大きい。捕手3人制なら、甲斐への代打や代走がより出しやすい。それでいて栗原が外野も守れるから試合終盤でも打線が戦力ダウンしない。首脳陣には誰をどう選ぶかうれしい悩みが増えそうだ。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ