宇野が得点率首位へ浮上 レディースオールスター 【鳴門】

西日本スポーツ

 鳴門ボートのG2第4回レディースオールスターは4日、予選2日目。全12個Rに分散して組まれたドリーム組6人は、ドリームで舟券に絡めなかった平山智加と平高奈菜が白星奪取に成功。ただ平山は病気のため、後半12Rを終えて帰郷という事態に。ドリームを制した大山千広も5、3着にとどまり、ハイペースを保つことはできなかった。代わって得点率首位へと浮上したのが宇野弥生で、2走だけとはいえオール2連対。広中智紗衣も3戦2勝の活躍で、ともに機力も良好だ。エース格15号機の富樫麗加も初白星でリズムアップ。5日は予選も後半戦の3日目。歴代の年末の女王・松本晶恵、今井美亜や、抜群機の勝浦真帆らが1日早い勝負駆けに挑む。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング