休校中の創成館“放課後”に練習「どんな形でも甲子園の土踏みたい」

西日本スポーツ

 日本高野連は4日、新型コロナウイルス感染拡大を受け大阪市内で第92回選抜高校野球大会(19日開幕・甲子園)の運営委員会と臨時理事会を開いた。開催可否の最終結論は11日に持ち越し、無観客での実施を目指していくことになった。

 開催を決めても今後の情勢次第では中止となる可能性もある。いずれの場合も史上初の事態に直面することになり、九州の代表校の選手や関係者からは望みがつながったことに安堵(あんど)する一方で複雑な思いを吐露する声も聞かれた。

 昨秋の九州大会で4強だった創成館(長崎)の稙田龍生監督は練習中の部員を集めて説明した。開催される見通しであることを告げて「勝とうや」と声を掛けると、選手たちは大声で返事をして気を引き締めた。

 稙田監督は「ほっとした。中止という事態も想定していた」と表情を和らげた。3日から休校中で生徒は自宅学習。選手は放課後に当たる夕方から練習している。開催の望みがつながり、上原祐士主将(2年)も「どんな形でも甲子園の土を踏みたいと思っていたのでうれしい」と口にした。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング