古巣に見せた!バレンティン激走からソフトバンク逆転勝ち

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク5-3ヤクルト(5日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが逆転勝利を収めた。

 2回に松田宣の右中間へのオープン戦1号ソロで先制。先発の石川は直後の3回、坂口に適時打を許し追いつかれた。5回に登板した2番手・川原が吉田成に2点二塁打を浴び、勝ち越された。

 それでも6回、中村晃の四球を足掛かりにヤクルト3番手の久保を攻め、2死二塁からバレンティンが左中間へ適時打。左翼手がやや処理にもたつく間に全力疾走で二塁打とすると、松田宣が四球、長谷川が内野安打でつなぎ、川島が満塁一掃の逆転三塁打を放った。

 高橋純が6、7回の2イニングを無失点。嘉弥真、2連投の森につないで逃げ切った。今後は7日からDeNAとの2連戦(横浜)に臨む。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ