デスパイネの左手首痛が判明 スイング「怖い」打撃再開メド立たず

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(33)が左手首痛のため、打撃練習を行うめどが立っていないことが分かった。左手首のTFCC(三角線維軟骨複合体)の損傷とみられ、2月24日に来日して以降はウエートトレーニングなどに終始している。3月中旬に東京五輪の予選のためキューバに一時帰国する見通しだが、出場可能かは微妙。再来日した後も不安な状況が続きそうだ。

 福岡県筑後市のファーム施設にある屋内練習場。リハビリ組の一人として、デスパイネはウオーミングアップに励んでいた。笑顔を見せつつ、チームメートとじゃれあったりする陽気な姿の一方、左手首を手で押さえるなど、気にするしぐさをしばしば見せていた。

 2月24日に来日して以降、打撃練習を一度もできていないのは、左手首に生じている痛みのためだった。手の小指側にあるTFCCに損傷があるとみられる。手の関節の可動性などに、極めて重要な役割を持つ部分だ。

 キューバに帰国していた際の練習などで痛めたとみられ、今も日常生活で痛みを感じている状態だという。「(スイングが)怖い」とこぼすなど、いまだバットを振るまでには至っていない。6日の練習もウオーミングアップの後、ウエートトレーニングなどにとどめた。ここまで手首に負担をかける練習は一切していない。

 患部を安静にし続けることで、痛みは少しずつ快方に向かっているという。だが、打撃練習を始めるめどすら立っていないのが現状だ。日本野球機構(NPB)通算154本を誇るデスパイネを襲ったアクシデントは、母国のキューバやソフトバンクに大きく影響する可能性がある。

 キューバ代表は東京五輪の出場権を獲得できておらず、今月下旬の米大陸の五輪予選に臨む。デスパイネも招集される予定で、グラシアルらとともに中旬には一時帰国する見通しだ。「国を背負って戦えるのは光栄なこと」とかねて口にしてきたが、現状ではプレーできるかどうかは微妙だ。

 同予選を戦い終えると、早ければ下旬に再来日する見込み。今季から新たに2年契約を結び「今年はリーグ優勝と4年連続日本一を達成できるよう頑張ります」と意気込んでいたが、ソフトバンクに再合流した後に即試合に出場できるかも不透明。キューバ帰国中に病院で検査する予定という。

 今季からはバレンティンが加入。球界屈指の超強力打線を軸に、2017年以来となるリーグ優勝&日本一の「完全V」を目指すシーズンだが、中軸の一翼を担う“キューバの至宝”に気がかりな状態が続く。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ