ソフトバンク・グラシアル 右手骨折していた

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(33)の左手首痛が判明した一方、ジュリスベル・グラシアル内野手(34)も負傷に悩まされていた。

 昨季最終盤に痛めていたという右手の小指が、キューバ帰国中の練習などで悪化して骨折していた。ただ患部の経過は良好で、宮崎春季キャンプでもティー打撃などは行った。

 冷え込みが厳しかったことも考慮して現在はリハビリ組での打撃練習を控えているが、週明けにも再開予定。「いい準備をして、優勝に貢献したいね」と常に口にする助っ人は、母国とソフトバンクの栄冠のためにプレーする。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ