ソフトバンク逆転負け 東浜好投も松田遼がオースティン、ソトに連続被弾

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 DeNA4-2ソフトバンク(7日、横浜)

 ソフトバンクが逆転負けを喫した。

 開幕投手に決まった先発の東浜が好投。初回先頭の神里に右前打された後、6回1死から伊藤光に中前打されるまで安打を許さなかった。

 東浜は予定の球数もあり2点リードの6回2死一塁で降板。もっとも、後を受けた松田遼が桑原を歩かせ、オースティンに逆転3ラン被弾。さらにソトに2者連続となるソロを浴びた。東浜は残した走者が生還し、1失点が記録された。

 打線は4回に長谷川が先発平良から2ランを放った後、DeNA投手陣を捕まえきれず、9回無死一、二塁のチャンスも後続が倒れた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ