西武控えも打ちまくり19安打11点 開幕1軍争いし烈「内容いい」辻監督

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 広島5-11西武(7日、マツダスタジアム)

 試合途中から雨が降る中、西武打線が19安打11得点の猛攻で圧勝した。

 初回に外崎の右越え2点三塁打で先制。2回2死満塁からは山川の中前3点打と主力が本領を発揮した。

 中盤以降は主力選手が続々とベンチに下がったが、出場機会に飢えた控え組が猛アピール。野手転向2年目の川越が1号2ランなど2安打。2年目の山野辺も2打数2安打と結果を残せば、新人の柘植、森越、佐藤も安打を放った。

 新外国人のスパンジェンバーグも代打で中前打。19安打のうち8安打は途中出場の選手がマークした。これには辻監督も「打線はみんな悪くない。彼らも必死だし、内容がいい」と満足げ。開幕1軍メンバー入りを懸けたし烈な争いが繰り広げられている。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング