西武川越あるぞ開幕スタメン!辻監督示唆「見事、すごいね」打率・556

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆オープン戦 広島5-11西武(7日、マツダスタジアム)

 強力打線の中でたくましい若武者が輝きを放った。9回1死一塁。川越がDJ・ジョンソンの直球を完璧に捉えた。静寂を切り裂き、打球は右中間スタンドに飛び込んだ。「来た球をフルスイングしようと思っていた」。オープン戦1号2ランに顔をほころばせた。

 5回の守備から途中出場。8回にも右翼線への二塁打を放った。「途中出場したときはしっかり1本打てるように、と意識して入った」。オープン戦3試合で9打数5安打の打率5割5分6厘と猛アピールが続く。

 投手で入団し、4年目の昨季から野手に転向。イースタンで8本塁打を放ち、長打力に磨きをかけてきた。1月の自主トレは山川に弟子入りし、春季キャンプでも徹底的に打ち込んだ。「まずは1軍にしっかり残ること」と開幕1軍へと突っ走る。

 辻監督は「見事、すごいね。いい力をしている」と目を細めた。秋山の抜けた外野で開幕1軍どころか開幕スタメンさえ見えてきた。指揮官は「可能性はゼロじゃない」と強調。川越自身も「調子を落とさないように」と意気込んだ。

 チームも19安打11得点と自慢の“獅子脅し打線”が大爆発。途中出場の山野辺が2安打するなどアピール合戦が続く。辻監督は「打線はみんな悪くない。彼らも必死だし、内容がいい」と満足顔。今年も獅子は打ちまくる。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング