女子マラソン3人目は一山麻緒 歴代4位、2時間20分29秒で名古屋ウィメンズ優勝

西日本スポーツ

◆名古屋ウィメンズマラソン(8日・ナゴヤドーム発着、スタート時の気象条件は雨、気温9・1度、湿度88%、北の風0・2メートル)

 22歳の一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=が日本歴代4位となる2時間20分29秒(速報値)で優勝した。1月の大阪国際女子マラソンで日本陸連の設定記録を突破して優勝した松田瑞生(ダイハツ)の2時間21分47秒を上回り、東京五輪代表に決まった。ゴール後、一山は「今日のような日がくるのが夢だった。夢みたい」と笑顔を見せ「30キロからが本当の勝負と思い、ひとりで行ける練習をしてきた」と語った。

 第1集団は松田の記録を上回るペースに設定された。30キロでペースメーカーが外れた後、一山は一気にペースを上げて先頭に立ち、後続の外国人招待選手らも寄せ付けなかった。

 鹿児島・出水中央高時代に突出した実績はなかったものの、2016年のワコール入社後は先輩の福士加代子らとともに練習して力をつけた。初マラソンだった昨年3月の東京では、この日と同じような悪天候の中で2時間24分33秒の記録をマーク。昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は6位だった。

 女子の五輪代表はMGCで1、2位の前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が決定。残り1枠は指定レースで日本陸連が定めた設定記録2時間22分22秒を上回る最速の選手に決まり、該当者がいない場合はMGC3位の小原怜(天満屋)となる規定だった。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング